Top >  保育園でのとびひ >  保育園等でのとびひの集団発生

保育園等でのとびひの集団発生

スポンサード リンク

保育園等でとびひが集団発生することがあります。


「とびひ」は虫刺されや汗もの掻き傷、擦り傷などに細菌がつき、そこを触った手で他の場所を掻くと飛び火してどんどん広がる病気なので、俗に「とびひ」といわれます。


直接接触によって伝染することが多く、夏期を中心に保育園や幼稚園での集団発生もみられますが、最近では温水プールの普及により一年中みられるようになりました。とびひは水イボのように、ゆったり構えていてはいけません。「おかしいかな?」と思ったら、できるだけ早く皮膚科に連れて行きましょう。


このように急がせるわけは、とびひは多くの場合「登園許可書を必要とする感染症」の中に入っているからです。つまり、完治するまでは保育園には登園できません。

保育園でのとびひ

保育園でのとびひ(飛び火)・伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)について

関連エントリー

保育園等でのとびひの集団発生