Top >  とびひと漢方 >  とびひと漢方薬

とびひと漢方薬

スポンサード リンク

とびひを漢方薬で治すというのは邪道ですが、場合によっては漢方薬で治療した方がよい場合があります。


その場合とは、とびひを短期間に何度も繰り返す子供の場合です。


治療としてその都度、抗生物質を投与することになるわけですが、何度も同じ抗生物質を投与していると薬の効きが悪くなり、内服で使用する抗生物質が効かない細菌が増殖したりして、治療が大変困難になることがあります。


特に、最近は、抗菌薬がききにくい耐性菌、MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)が増えており、約30%を占めると報告されています。黄色ブドウ球菌には毒素を産生するタイプの菌もあり、毒素の強いタイプの菌に罹患すると重症で難渋するため、とびひとは言え侮れません。


かかる前に漢方薬を使って免疫を強くすることも有効な手です。

とびひと漢方

とびひ(飛び火)・伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)と漢方について

関連エントリー

とびひと漢方薬