Top >  とびひと頭皮 >  頭皮の「とびひ」のケアについて

頭皮の「とびひ」のケアについて

スポンサード リンク

今日は、頭皮の「とびひ」のケアについてとりあげてみましょう。


とびひは、皮膚にばい菌が感染して起こるものなので、毎日洗うことは大切なことです。また、その前にキズをつけないことが、第一の予防です。


湿疹ができてしまうことが原因であれば、頭皮用のかゆみ止めをつかうこともよいでしょう。もしとびひができてしまったら、すぐに皮膚科で処方してもらえるお薬で治療すれば早く治ります。


頭皮にできた発疹が膿をともない、真っ赤な輪になっている場合は、メゼレウム6Cを1回1錠、1日4回を限度に与えてください。ただし、合計で12錠を超えないようにします。


シャワーで皮膚を清潔にし、さらに家族みんなでこまめに手洗いを行って、家族みんなの黄ブ菌の保菌を減らすように努めます。

とびひと頭皮

とびひ(飛び火)・伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)と頭皮について

関連エントリー

頭皮の「とびひ」のケアについて