Top >  とびひとリンデロン >  とびひにはリンデロン

とびひにはリンデロン

スポンサード リンク

とびひになってしまった場合にはリンデロンが効きます。ただし、リンデロン軟膏にも副作用がおきる事があります。


どういった副作用があるかというと長期、大量に使用すると、皮膚に赤み、にきびなどがおきることがあります。特に顔面には副作用がおきやすいので、あまり使わないようにして下さい。使用上の注意としては皮膚を清潔にした上で使用することです。


その他のとびひの対処方としては体を良く洗い、綿棒などで耳や鼻の穴まで洗いましょう。腫れ物に触るような洗い方ではダメです。剥がれそうな部分は剥がしてしまうくらいの気持ちでシャワーを流しながら洗いましょう。シャワーのあとは爪の裏側にもリンデロン軟膏を塗り、ガーゼを当てるか、洗い立ての長袖のパジャマを着ましょう。


シーツや衣類をこまめに換え、爪を切るだけでなく切り口にヤスリを掛けることも大事です。さらにイソジン等で消毒する事もとびひに効果があります。

とびひとリンデロン

とびひ(飛び火)・伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)とリンデロンについて

関連エントリー

とびひにはリンデロン