Top >  とびひと幼児 >  とびひと幼児

とびひと幼児

スポンサード リンク

幼児のとびひについての情報です。


とびひは主に子供・幼児・赤ちゃんが夏にかかりやすい皮膚病であり、また。プールなどでも感染しやすい経路です。風邪の後、鼻水が出て鼻の周りから出来始めることがあります。虫刺されや、湿疹のひっかき傷、擦り傷などにバイキンが感染して、始まることもあります。


黄色ブドウ球菌は、表皮剥離毒を産生するので多くのとびひが始まりは水ぶくれで始まります。水ぶくれは簡単に破れて、赤むけ(ビラン)となりその回りからさらに拡大したり、周辺に新しい病変を作ったり、とびひすることもあります。


もしとびひに感染してしまったという場合は、すぐに皮膚科で診断を受けることをおすすめします。お医者さんにいくことが幼児のとびひの早期回復の近道です。

とびひと幼児

とびひ(飛び火)・伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)と幼児について

関連エントリー

とびひと幼児 とびひと幼児