Top >  とびひと大人 >  とびひは大人でも感染する

とびひは大人でも感染する

スポンサード リンク

とびひは子どもに多く感染例が見られますが、大人でも感染します。


子どもの場合は蚊に刺されたり、あせもが出来やすい夏に発症しやすいのですが、大人の場合は季節はあまり関係ないようで、水仕事をしている人が手から感染したり、細菌のついた手で体をひっかいたりして感染している例が多いようです。


大人でも子どもでも、とびひに感染したらまず消毒をしてガーゼをして下さい。症状がひどいようですと、病院で抗生物質を処方してもらって下さい。くれぐれも汁が体の健康な皮膚につかないようにして下さい。


とびひの予防方法は子どもの場合、手を洗うなど体を清潔にたもつようにしましょう。大人の場合も体を清潔にするのは当たり前ですが、その他にもアルコール等の刺激物を控える事も重要です。それでも感染したら、内服薬でも外用薬でも忘れず使用することが早期回復の近道です。

とびひと大人

大人のとびひ(飛び火)・伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)について

関連エントリー

とびひは大人でも感染する