Top >  とびひと薬 >  とびひの薬

とびひの薬

スポンサード リンク

とびひの治療法は基本的にはそれぞれの原因菌に有効な薬(抗生物質)を内服・外服します。


とびひの薬とは、具体的には水疱性膿痂疹のブドウ球菌には、テトラサイクリン系抗生物質、フシジン酸ナトリウムなどです。痂皮性膿痂疹の溶連菌には、ペニシリン系抗生物質、エリスロマイシン軟膏などを使用します。痒みがひどい時は抗ヒスタミン薬を内服します。


皮膚科を受診すると、抗生物質の飲み薬や軟膏を処方してもらえます。ガーゼに殺菌効果の高い石けんをつけて、かさぶたや水疱を取り除くように洗い、よく乾かしてから軟膏をぬります。とびひの部分はおおわず、完全に治るまで根気よく治療を続けてください。ステロイド剤は症状を悪化させるので、なるべく使わないようにしてください。

とびひと薬

とびひ(飛び火)・伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)と薬について

関連エントリー

とびひの薬