Top >  とびひの症状 >  とびひの症状・その2

とびひの症状・その2

スポンサード リンク

とびひの症状についてお話します。


とびひの症状は、小さな水疱から始まり、下着を代えるときの圧迫や、こすれて、水疱が破れて、じくじくしたびらん面となります。皮膚の触れ合う間擦部位(腋窩,膝窩,頸部など)では接触部位の両側に皮疹がみられる様になり、やがてじくじくしたかさぶたが作られますが、年齢や起炎菌の違いにより水疱やかさぶたの状態が違ってきます。後に瘢痕を残すことはありません。


気づかないでいると、数日のうちに指の頭ほどにも大きくなります。この水疱は、うすい透明の膜でおおわれていて、やがてやぶれて、水がでてきます。やぶれたあとには、赤肌があらわれてきますが、間もなく乾いてかさぶたができます。そして、数日のうちにかさぶたもとれて、治ってしまいます。

とびひの症状

子供の皮膚病:とびひ(飛び火)・伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)の症状について

関連エントリー

とびひの症状・その2 とびひの症状・その1