Top >  とびひの症状 >  とびひの症状・その1

とびひの症状・その1

スポンサード リンク

とびひの症状とはどのようなものなのでしょうか。


俗に「とびひ」といわれるものは、正式には伝染性膿痂疹(Impetigo Contagiosa)とよばれる皮膚感染症です。化膿菌、特に黄色ブドウ球菌の感染によることが多く、夏から秋にかけて、小学生低学年までの子どもに多く見られます。他の季節にも、また年長児や成人に発症することもあります。


とびひの症状としては次のようなものが現れます。


鼻のあなのまわり、手や足に直径1〜2mmくらいの小さな水疱がいくつもあつまってきます。とびひは普通、発熱もなく、全身状態に影響をあたえることはありません。しかし、強いかゆみはあります。ただし、幼児や新生児で、からだじゅうに広がった症状が現れるときは、発熱することがあります。

とびひの症状

子供の皮膚病:とびひ(飛び火)・伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)の症状について

関連エントリー

とびひの症状・その2 とびひの症状・その1